FC2ブログ

ゆきまるのあしあと~石田彰さん語り~

声優石田彰さんのCDやアニメの感想を中心に掲載しているブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

石田彰さんの演じるこういうキャラが好き その7 つづき 

だいぶ時間たってしまってすみません…(汗)

で、前回のつづき。
ICE」の話でした。

え~と、「ICE」の作品自体は正直褒めれた出来ではないと思っています。
結局、ICEって何だったの?とか…だから、何が言いたいの?とか…
ストーリーがちょっとひどい…
たぶん、作画とか技法とかメカとか背景とかすごいのかもしれないけど、
個人的にストーリー重視の自分にはつらい作品でした。
ぶっちゃけ、この作品をまた上映するなんて、と驚きの方が大きかったぐらい(笑)
まあ、AKB人気にあやかってってことなんでしょうね…

ただ、石田さんがジュリアという女性の役をやるというのには
すごく興味を持った記憶があります。
前回書きましたが、石田さんの大人女性声というのが
自分、結構好きだからなんですね。

ですが、石田さんの芝居聴いて正直驚きました…
うん、女性役なんですけどね、
声をまったく作っていない地声に近い感じなんですよね。
上品なやわらかな声質。だけど、悪役の妖しさというか粘着質っぽさのある感じ。
(感じとしてはダミヤかな~)

へえ~女性なのにこの声なんだ~と驚きましたが、
このジュリアというキャラが分かるにつれて
ジュリアはこれで正解なんだな~とすごく実感しました。
この声質や芝居の選択というか、石田さんのキャスティングの意味というか、
はっきり分かる感じなんです。

ICEの世界は、男性が死に絶え女性だけが残った世界で、
子孫を残すこともできず、いずれ滅びの時を待つだけという設定。
男性はむしろ人間の貪欲さ(科学とか)の象徴としてとらえられていて
だから、真っ先に滅んだんだ、という解釈なんだと思います。
で、ジュリアという存在はICEの世界の中で男性的なものの象徴なんですよね、きっと。
滅びを受け入れず、残された科学の力で子孫を残そうとするジュリアは
女性でありながらも男性的なものとして表現されており、
だから、石田さんのあの芝居がぴったりくるんです。
とはいえ、ジュリアは女性ですから、
女性的な声のやわらかさとか、妖艶さとかは必要で、
石田さんは女性としてのジュリアと、男性的なるものの象徴としてのジュリアの
両方を体現できる声優さんとしてキャスティングされているのでしょう。

もちろん、それだけではなく。
悪役としてのジュリアの邪悪な感じとか、ミステリアスな感じとかも
石田さんは本当にお上手です。

このアニメ、もう少しアニメとしてのできがよかったらなあ~
ジュリアももう少しちゃんと描いてもらえたら
おもしろい役どころになったのになあ~
残念ながら、ジュリアの描き方も非常に中途半端で、本当に残念です。

ただ、石田さんの女性声がもてはやされているのを聞くと
いつも何となく「ICE」のジュリアを思い出してしまいます。
可愛い声とか出せることもすごいけど、
そのアニメの中で求められているもの、役柄に求められているものを
的確に表現できるってことこそ、すごくないですか?
もちろんそれが女性の声ってこともあるでしょうけど、
「声優石田彰」に求められているものが
ただの女性声っていうのはあまりにも寂しいです…

最後に。「ICE」について書いたからにはこれに触れずにはおられません…
いや、本当にAKB48のキャストはひどいですっ!
もちろん、本職の声優さんじゃないのは分かってますが、
ど素人じゃないだし…あれはひどすぎでしょっ
もちろん、ヘタなのは覚悟の上で見てるんですけど、
(プロの声優並みのものを求めてるつもりは全然ありませんよ!)
それでもあまりに看過できない人が2~3人いました(汗)
まだましな残りのメンバーぐらいにはしゃべってほしかった…
これはどんなによい作品だったとしても台無しになるぐらいのひどさだと思います。

何か、これ再び海外での上映が決まったと聞きました。
今のAKBの人気のせいか、プロダクションが金になると踏んだのか、
理由はよく分かりませんが…
きっと出演したAKBのメンバーにとっても
あまり思い出したくない、むしろ封印したい作品だったのではないかと思うと
何だかお気の毒にすら思えてきます…






スポンサーサイト

2010/07/11 Sun. 22:10 [edit]

category: 石田彰さんキャラ語り

tag: 石田彰  キャラ  ICE 
cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukimarudiary2.blog9.fc2.com/tb.php/99-b2dbcb43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2019-01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。