FC2ブログ

ゆきまるのあしあと~石田彰さん語り~

声優石田彰さんのCDやアニメの感想を中心に掲載しているブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

こんな話でしたっけ? 


遅ればせながら「くるみ割り人形」のCDの話。

実はバレエを見るのが好きなので
よくこのシーズンになると「くるみ割り人形」見に行ってました。
なのでストーリーはよく知ってると思っていたのですが…

あれ…こんな話でしたっけ?

クララが小説書いてるとか。
くるみ割り人形の名前がドロッセルマイヤーだとか。
自分の知ってる話と違うんですが…
実は本当はこういう話だったのでしょうか?

バレエのオーソドックスな演出では
ドロッセルマイヤーは人形使い(人形師?)の名前で
イブの日にドロッセルマイヤーからくるみ割り人形をもらったクララが
その夜夢の中で王子になったくるみ割り人形と旅をする―――
そういう話なので…
てっきり原作もそんな感じなんだと信じてました。

何かCDのストーリーは結構生々しくて
(家族が厳しいとか、クララがとっても強い女の子だったりとか)
バレエみたいなほわほわした幸せ感いっぱいのストーリーじゃなくてちょっとびっくり。

でも、石田さんのお芝居はよかったですね~
石田さんはほわほわした話より
こういうリアルな感じの話の方が本領発揮って感じですものね。
何役もやられてますね。
それほど声を変えているという感じはないんですが、
演じる役柄によって印象をがらりと変えてるのが
聴いていてほんとぞくぞくします(笑)

CD聴いてたら、バレエも見返したくなって
DVDを探したのですが、一枚しか持ってなかった…

くるみ割り人形はクリスマスシーズンの娯楽として
見に行くのは楽しいのですが、
あんまりDVDとか買う気はしないんですよね…

何と言ってもプリンシパルダンサーの見せ場が少なくて…
この人の踊りが見たいからDVD買うっていう自分の楽しみ方には合わない演目なんです。
余談ですが、王子のあの赤いタイツの衣装は
普通の男性ダンサーには見た目的にとても厳しいですから…(笑)

そんな中で唯一購入したDVDは
エカテリーナ・マクシーモワがクララを踊ったDVD。
何と1978年の公演を収録したものです!
ボリショイ・バレエの伝説的なプリマで
クララを得意としていたマクシーモワの踊りが見たくて買ったDVDでした。

一幕もよいけど、二幕の夢の中のクララが素晴らしくて。
仕草のひとつひとつから溢れ出る幸福感が本当に魅力的です。
夢見る少女の愛らしい魅力に輝いてますね。
ほんと見てる方も幸せな気持ちなれる舞台です。

ただ、30年以上前の映像ということで
ところどころ無造作にカットされてるのにびっくり。
たぶんフィルムが使えなくなってしまったんでしょうねえ…
こんなものでも売り物になってしまうのも
残っている数少ないマクシーモワの映像のひとつだからでしょう。

とはいいつつも、映像自体もかなり悪いので
純粋に「くるみ割り人形」のバレエを楽しむのだったら
もう少し新しい映像の方がよさげです。
(吉田都さんのとかほしいなあ…)

でも、ほんとCD聴いた後だと
バレエとの雰囲気の違いが際立ちますね…
そういう意味でもこのCDはとっても面白い企画だと思います。
これまでの典型的な「くるみ割り人形」のイメージを完全に打ち破ってますし。
なのに、音楽ともしっかりマッチしてますよね。
ついついリピートしたくなります…




スポンサーサイト

2010/12/17 Fri. 01:57 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukimarudiary2.blog9.fc2.com/tb.php/158-a87330d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2018-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。