FC2ブログ

ゆきまるのあしあと~石田彰さん語り~

声優石田彰さんのCDやアニメの感想を中心に掲載しているブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

石田彰さんの個人的好きゲームについて~ その3 つづき 

この記事は個人的な(しかもかなり偏った)嗜好をベースに、石田彰さんの好きゲームを取り上げて語っております。とても一般的なお勧めゲームとは言えないかもしれませんが、その点ご了承の上お読み下さい(汗)

※以下ネタばれ注意(本当に注意です)




  「オレは…すごく幸せだった…」



【イス -眠りの森-】 2005年

●キャスト
相澤舜:関智一、三宅真琴:石田彰、和久井遼:鳥海浩輔、松岡聡:中井和哉、紀村凛:雪野五月、柏木優斗:福山潤、鞠谷祐一郎:子安武人 他



いよいよ本編過去ルートエンディング(トゥルーエンド)です。
物語は佳境に突入という感じ。
そして、ここの途中から真琴視点になったはず…

このルートの中でついに舜のあらたな人格、リュウが目覚めます。
リュウはシュンと違い、冷静な目で舜の道筋を切り開く人格。
そして、舜のためにも真琴が消えることが必要であることを説く―――

このリュウという人格の存在がとてもつらい。
シュンのように明らかに舜に危害を加える迷惑な人格ではなく
リュウはどちらかといえばシュンのためも考えて行動しているらしい人格なのです。
リュウという存在に真琴はひどく戸惑います。
そして、舜がシュンに対抗するためにリュウを生み出したという事実に。
さらなるショックが真琴を襲います。
で、リュウからお前はもう必要とないと言われ…


 「なんのためにオレは…ここにいるんだ?」


つぶやく真琴が…この台詞、まじ泣けました(汗)
リュウの存在に追い詰められていく真琴が本当に痛々しいです。
本編現在ルートでシュンにつきつけられた消えなければならないという現実と
リュウにつきつけられたもう自分は舜に必要のない存在ではないかという迷い。
それだけでも真琴の動揺はとても大きいのですが、
その中でさらに真琴の過去に、ある秘密が隠されていたことが分かってきます。

真琴の持っていたギューフのペンダントは
事件当時、同じ頃誘拐された別の被害者の子供が持っていたものであることが判明。
実は被害者がすりかえられていたのではないかという事実が…
三宅真琴はもしかしたら生きているかもしれない。
すると、今霊として存在している自分は一体何者なのか。
どうして、三宅の母は死んだ別の被害者を自分だと言ったのか。
自分は母にとっても死んでほしい存在だったのではないか…

そうして、真琴は。
悲惨な運命を呪うことなく、自分がこうして明るく強くあれたのも
すべて舜が自分を必要としてくれた、愛してくれたからなのだと気付きます。
リュウの中の舜に助けを求める真琴が…


 「舜じゃない…おまえは舜じゃない…!」


リュウの言葉を必死で否定する真琴の口調がもうって感じで。
強い口調なんだけど、必死に舜にすがろうとする思いがあふれててで
そして、真琴の瞳から涙がこぼれるシーンは石田さん、本当に名演です。

それから、自分の過去の秘密が明らかになっていく中で
もしかしたら母は自分を死んだことにしたかったかもしれないという疑惑に動揺する真琴。


 「舜…オレは…今までみたいに母さんを許せるのかな?」


 「どうして…どうして、オレばかり
  こんなめに遭わなきゃならないんだ?!」



初めて自分の感情を吐露する真琴の台詞に続くすすり泣き。


 「教えてくれよ…オレは誰?」


真琴の心情が痛いほど伝わってくる芝居に涙が出そうになりました。
ずっと舜を支えてきた真琴が舜にすがって泣く姿が…
本当にもう聴いてるものの涙を誘う…
(ほんとに石田さんの泣き芝居は反則レベルです…)

そして、真実を知った後リュウに消されることを決意した真琴。


 「オレは…すごく幸せだった」


この台詞。
このゲームの中で最高の一言だと思います。
すべてを知って、自分の死を受け入れて。
そうして、出てきたこの言葉。
石田さんの芝居にも本当にいろんな思いが込められてる。
もうこの台詞あたりから号泣状態(笑)


 「舜に会えてよかった―――」


それから、真琴の魂を天国に送ってからの展開に
久々にプレイし直してやっぱりぼろ泣きしました(汗)

最後に、このラストの展開について。
すでに真琴の誘拐にかかる事件は前回の真相だけでも複雑だったので
これ以上複雑な話にすると嘘くさくならないか心配だったのですが…
過去ルートで丹念に描かれた展開に、意外とすんなりと真琴のさらなる真相を受け入れることができました。
そして、死んだはずの真琴は真琴ではなく、真琴は今も生きている―――
最初ゲーム未プレイ状態でその結末知った時はそんなご都合主義的な、と思いましたが(笑)
魂のない植物状態の真琴に涙する舜の智一さんの熱演や
ギューフのペンダントにより目を覚ます真琴と
その時の真琴の台詞が最高で。
もう正直納得のエンディングだったと思います。

真琴が目覚めた瞬間。


 「…舜…」


かすれた声で舜の名を呼ぶところ。
儚い声の感じとか…あ~もうめちゃくちゃしびれました。
こういう芝居とかもすごく演技が細かくて。
ご都合主義とかすべてふっとぶ石田さんの一言でしたね。

長々書いてきましたが、
本当に石田さんの熱演がすばらしい一本だと思います…



スポンサーサイト

2010/10/01 Fri. 04:14 [edit]

category: 石田彰さん作品レビュー

tag: 石田彰  ゲーム  レビュー  眠りの森 
cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukimarudiary2.blog9.fc2.com/tb.php/133-47d6fb97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2018-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。