FC2ブログ

ゆきまるのあしあと~石田彰さん語り~

声優石田彰さんのCDやアニメの感想を中心に掲載しているブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

ゲーム「翡翠の雫」壬生克彦ルート 

えっと…
やはり特典の多いゲームといえば、これ。
ということで「翡翠の雫」です。
とりあえず、簡単にゲーム感想など…なんですが。
ちょっと辛口になってしまうかもしれません。
お好きな方すみません…

実は「真翡翠の雫」と無印版の違いが分からず
何気にアマゾンのレビューを見たところ
この作品、あまり評判がよろしくなかったということを知りました(汗)
で、「真翡翠」は無印の焼き直しだったようですが、
「焼きなおしてこれかいっ!」っていう怒りのレビューが多くて…
(ちなみにキャラと声優の部分は好評な感じでした)

でも、個人的には克彦さんは好きそうなキャラだったので
内容がつまらなくてもプレイする気だったし
かえって変な期待をせず出来てよかったかと思います(笑)
最初からストーリーはいまいちだと知っていたので
そんなにがっかりしませんでしたし。

ただ、無印やるか「真翡翠」やるか、ちょっと悩んでいたのですが…
レビューを読むと、何となくキャラの性格が変わっているらしく
無印の頃の方がよかったというレビューも多かったので
どうせ攻略本もあるし…ということで無印の「翡翠の雫」の方をプレイしました。
たぶん「真翡翠の雫」はプレイしないと思う…(汗)
なのであくまで無印版の感想ということで。
(まあポータブルが出たのでその内やるかもしれませんが…)


※ 以下ネタばれ注意

克彦さんはやはりキャラが好みですね。
個人的には石田さんのちょっと悪役っぽいポジションのクールビューティ系、
でも、実はいい人みたいなキャラは最高につぼなので(笑)
たぶん自分好みだろうなあ…とは思っていました。
ツンデレだしね…(そこ?)

これまた個人的にですが、
最初、主人公のことを「もしかしたら妹かも」って思っている時が結構好きかも。
出来の悪い妹とかいいつつ、放っておけないっていう克彦さんが
かなり好みです(小太郎に対してもそんな感じですね)

まあ、何しろ克彦さんは主人公と出会って2日ぐらいで
仲良くならないといけないので(汗)
(っていうか、このあたりですでに無理がある気がするのですが…)
最初は妹を守る的なところから入ってくれて
自分的には感情移入しやすかったですね。
それからもどちらかというと「この娘を守らなきゃ」的な雰囲気で。

攻略本に石田さんのインタビューがのっていて、
(このインタビューの時の写真いいんですよね~伏し目がちで)
主人公の印象を聞かれて
主人公を「しょうがない妹」「守ってあげたい相手」と思っている克彦しか考えてない的な発言をされていて。
確かにゲームでもそういう感情を前面に出した克彦さんだったので
個人的に変にラブラブにされるより、ずっと高感度高かったです。
(もともと乙女ゲー苦手な自分の感想ですのであんま気にしないで下さいね)

自分として好きなエピソードは小太郎相手に宝具が出せなくなって落ち込むところかな?
いつも自信満々なキャラがちょっと弱さを見せるシーンとかって
自分的にはほんときゅんとなってしまうので(笑)
(何か慰めてあげたくなってしまうの…)
これは反則だ~と思いつつ、でれでれしてしまいました。

エンディングはこれといって書くことないかも…
あ、エンディングCGの克彦さんの表情がすごくいいです。
何かほんとやさしいというか…主人公を優しく見守るというか…
克彦さんには珍しい表情でどきっとしました(笑)

で、ここからは蛇足です。適当に読み飛ばして下さい。

あとはね。
まあストーリーはつっこみどころ満載ですよ(汗)
ある意味面白かったかもしれない。

克彦・小太郎ルートに分岐した時点で
守護者は晶一人なんだけど
その後克彦・小太郎が守護者として覚醒します。
で、次の日学校に行ったら「守護者も5人になったし」とか突然言われ…
いつ5人になったんだあああ!とつっこみたくなりました(笑)
どうやら他のキャラは別ルートで覚醒しているらしい…

克彦ルートに入った途端、
それまで主人公が心配だからといって側を離れなかった守護者たちが
「今日は壬生先輩が一緒か。じゃあ俺は用事があるから」とか言って
みんなしてどっか行っちゃって
都合よく克彦と二人きりになったりとか(笑)

敵が毎日やってきては
主人公側が全然かなわないのに
何故か話だけして去っていってしまうとか(笑)
いや…この人たち何しに来てんの?とか。

前日までまったく歯が立たなかった敵に
いきなりみんなで力を合わせて封印しようとかなった途端
簡単に敵を倒してしまったりとか(笑)

もはやつっこみどころ満載過ぎて
逆に楽しくなってきてしまいました。
このあたり「真翡翠の雫」では修正されているのかもしれませんね。

まあこういうゲームもありでしょうかね…?
内容薄いけど手早くできるし、
克彦さん好みなので…(絵もよいしね)
とりあえず何だかんだ言いつつ楽しめたという感想でした(笑)



スポンサーサイト

2010/09/07 Tue. 04:30 [edit]

category: 石田彰さん出演ゲーム特典感想

tag: 石田彰  ゲーム  翡翠の雫  感想 
cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukimarudiary2.blog9.fc2.com/tb.php/121-9aeb166d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2018-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。