FC2ブログ

ゆきまるのあしあと~石田彰さん語り~

声優石田彰さんのCDやアニメの感想を中心に掲載しているブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

「アラビアンズ・ロスト」ゲーム特典 その2 

● PS2版「アラビアンズ・ロスト」初回生産版特典CD

カーティス:石田彰、ロベルト:高橋直純、シャーク:大畑伸太郎、マイセン:下野紘、ミハエル:緑川光


アラビアンズ・ロストPS2版特典


※ 以下、激しくネタばれ注意


PS2版の初回生産特典です。約35分ほど。
これは、自分的にかなり気に入っているドラマです。
カーティスもとぼけてていいんですが…
なんといっても、

ミハエル、というか緑川さん最高!

ってぐらいミハエルがぶっとんでます(笑)
いつもミハエルはぶっとんでんですけど、このドラマはさらにぶっとんでて…
アラビアンズ・ロストのドラマでは結局マイセン&ミハエルがドラマ自体をもってってしまう感じなんですけど、
これはその典型なドラマですね。

そんなぶっとんだミハエルを見て、暗殺者に向いてるとか言って
うっとりしてるカーティスもかなり変な人ですけど。

最初はカーティス、シャーク、ロベルトが酒場で飲んでいます。
シャークが比較的常識的な感じで、カーティスとロベルトがそれぞれかみ合わない会話をしてるのが面白いですね。

で、ギャンブラーのロベルトが「男のロマン」がとか海がどうのとか一人でしゃべりだして。
カーティスとシャークがあきれてると、マイセン&ミハエルが酒場に現れます。

そのあたりのロベルトとシャークの会話。
ロベルト「あつい友情は男のロマンだよな。夕陽に向かって叫ぶんだ」
シャーク「何をだよ。何を」
ロベルト「ヤッホーとか、その類のこと」
シャーク「それじゃあ海じゃなく山だろ」

何かこういうアホな会話が好きだったりします(笑)
アラロスのドラマはこんな会話ばっかで面白いんですよね。

で、その後、
ロベルトが「殴り合ったりしつつ、最後は和解して砂浜を駆けるんだ。そして、最後は夕陽に向かって叫ぶんだ。男のロマンだよな~」と言ったことで、
それを聞いたミハエルがマイセンと友情を深めるために全員を砂浜に瞬間移動させてしまいます。

もう、ここからが緑川さんの独壇場(笑)

ミハエル「マイセンは僕だけのマイセンで、マイセンはマイセンのためならマイセンだからマイセンがマイセンで―――」
マイセン「ミハ、落ち着け」
ミハエル「うん、落ち着く。マイセンのためならマイセンがマイセンでもマイセンとマイセンで―――」
マイセン「落ち着いてくれ、そして元に戻せ」
ミハエル「え~何で? 何でそんなこと言うの? マイセン、僕分からないよ」
マイセン「俺には突然砂浜に飛ばされることの意味の方が分からない―――」

いや~緑川さんのミハエルの純粋無垢なしゃべりがいっそう笑いを誘います。
そして、下野さんの突っ込みもさりげにきいてます。

ミハエル「僕はマイセン思いの悪魔だから。マイセンのためにマイセンのことマイセンと一緒にマイセンと―――」
マイセン「落ち着けって」
ミハエル「落ち着く、落ち着くよ。落ち着いたよ。マイセンマイセンマイセン―――」
マイセン「そうか、そうか。うん、落ち着いたか。でもな、もうちょっと落ち着いとけ」
ミハエル「もう落ち着いてるのに。これ以上落ち着くなんてムリだよ。マイセンマイセンマイセン―――」
マイセン「そこをどうにかするんだ。限界より上を目指す。常に高みを目指していくんだ」
ミハエル「そっか、そうだね。その通りだよ。マイセン、かっこいい。僕、落ち着く、落ち着くから」
(一瞬の沈黙)
ミハエル「落ち着いたよ。落ち着いたから褒めて、マイセン。マイセンマイセンマイセンマイセンマイセン―――」
マイセン「いやいやいや。まだまだだな、ミハ。まだまだまだお前は高みを目指せる。もっと落ち着け」

このやりとりほんと好きです(笑)
このあと、「落ち着いたよ」「いや、まだまだ」のやりとりが延々と繰り返される中、カーティスとロベルトの会話が入ります。

ミハエルを暗殺者としてスカウトしたいカーティスはミハエルの強さを試すためにロベルトにミハエルを挑発してこいと言うんですけど。
当然、ミハエルがむちゃくちゃ強いことを分かってるロベルトは断るわけで。
なのに、カーティスはさらりと「僕の興味のために死んで下さい、ロベルト」とか言っちゃう口調がまた笑えます。
断るロベルトに「いいじゃないですか、人生これすなわちギャンブルなんでしょ? 運の強さを試してきて下さい」って…鬼です(笑)

ロベルト「やだよ」
カーティス「度胸のない男ですね。死地に赴く、それもまたロマンですよ」
ロベルト「ロマンなんて、吐くって言ってたくせに」

二人のやりとりも言いたい放題で。
この二人結構、他のドラマでもこんな会話を繰り広げてて、
それが結構いいんですよね~

この後、「友情を深める」を実践するためにミハエルがマイセンと殴り合おうと言い出して。
ミハエルがマイセンを殴ろうとする時の効果音が明らかに爆音なんですよ(笑)
(マイセンが「もはや殴るとかいう域じゃないだろ。音が爆撃になってるし」とか突っ込んでましたが)
逃げ回るマイセンに「何で逃げるのマイセン」とか言ってばんばん爆音させながら追っかけるミハエル。
「お前の攻撃をまともにくらったら一発で即死だ」と言うマイセンに、
「マイセンなら大丈夫だよ、マイセンはかっこいいから」と無邪気に言い放ち、
マイセンに「大丈夫じゃないっ!」と突っ込まれるくだりは、
もうミハエルが可笑しすぎてたまらないです(笑)

ゲームの時は何かうざい二人組みだなあ~
ミハエルのマイセンラブっぷりがキモいなあ~とかぐらいにしか思ってなかったんですけどね。
ほんと、CD聴いて大好きになりました(笑)

いや~絶対この二人、製作陣に愛されてるよね…
まあ、カーティスも愛されてる方だとは思いますが…
この二人には負けるような…そんなことをしみじみ思ったCDでした。


スポンサーサイト

2010/08/22 Sun. 02:38 [edit]

category: 石田彰さん出演ゲーム特典感想

tag: 石田彰  アラビアンズ・ロスト  特典CD  感想 
cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukimarudiary2.blog9.fc2.com/tb.php/115-5a6d31f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2019-01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。