FC2ブログ

ゆきまるのあしあと~石田彰さん語り~

声優石田彰さんのCDやアニメの感想を中心に掲載しているブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

CD整理備忘録 覚書きその8 

このところ、遙かのCDを整理していました。
少ないところからということで、遙か4から始めて、
ようやく遙か2まで終了したのですが。

うん、遙か2って結構、泰継がメインになってるドラマが多くて楽しいんですよね。
聴きごたえがあります。
そんなこんなで、ちょっとよかったCDを書き残しておこうかと。

以下、ネタばれ注意です。


● 「遙かなる時空の中で2 雪月花」 2003年

これは本当に懐かしいです~
ファンになってかなり初期の頃に聴いたCDですね。
でも、なかなかよいドラマが収録されています。

最初のドラマ4編は八葉がペアになって登場するドラマになってるんですが、
最後に話がちゃんとひとつにつながってくという凝った作りになっていて
ちょっと笑える話もあってヴァラエティCDらしい楽しさがあります。

で、一番お勧めのドラマは、

ミニドラマ「北山の庵のとある一日」

です。

北山の庵での泰継の日常が描かれているのですが、
それが何か泰継らしいというか、
淡々としているのですが、何かほのぼのしてる感じが出てるドラマなのです。

庵で夜書物を読んでいると、
成仏できない霊に気付いて
「お前、成仏できぬのか? こちらにこい」とか言って
話を聴いてあげたりとか。
で、このあたり霊の声とかはしないので
泰継が一人で真面目な口調で「そうか…」とか言ってるんですけど、
その一人芝居がかえって可笑しいというか、ほのぼのとしてるというか。
その後、狐(妖狐かな?)がやってくるのですが、
どうやらこの庵の常連らしく、
「姿を見ぬので、どこか悪くしてたかと思っていた」と言って
招き入れて、これまた話を聴いてあげるんです~
狐が「コンコン」とか言うと、「そうだな」とか「では、雨に気をつけよう」とか
泰継がやっぱり一人相槌打ってて…
真面目に霊や妖狐たちの相手してあげる泰継がね。
いや~何かとってもあったかい存在に感じられてよいんです(笑)

それから、森の動物か式神か、何か分からないのですが、
かわいらしいナレーションが入るのですよ。
で、「書物を調べにいらしてるのに、何故かいつもこうなってしまいます」
という台詞があって。
そうか~何かこれが泰継の日常なのね、とか思うと何かほのぼのしますね~
そんなところが、自分分的にはとても好きなドラマだったりします。

それから、もうひとつ。

ドラマ番外編「とりかえばや物語?」

というのも気に入ってます。

まあ、短いネタドラマですが、
朝起きたら、八葉がいろいろ入れ替わっていたという話。

泰継の身体に泉水が入ってしまったらしく
石田さんの声で、情けない弱々しい泉水の口調が聴けるわけですが、
いやあ~これがまたかわいいです(笑)

八葉の入れ替わりは
泉水→泰継
泰継→イサト
イサト→泉水
勝真→幸鷹
幸鷹→翡翠
翡翠→頼忠
頼忠→彰紋
彰紋→勝真
という具合。

直くんの声で「問題ない」とか聴けたり。
ほっしーの泉水声で「よっしゃー」とか聴けたり。
結構爆笑です。
まあ、結末は夢おちなんですけどね(汗)

何か終わらなかったので(笑)
とりあえず、つづきます。



スポンサーサイト

2010/08/04 Wed. 02:07 [edit]

category: 石田彰さんCD整理備忘録(CDレビュー覚書き等)

tag: 石田彰  ドラマCD  レビュー  遙かなる時空の中で2 
cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukimarudiary2.blog9.fc2.com/tb.php/109-92f6d0b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2018-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。